藤井建設株式会社 ヘッダー



通気断熱WB工法とは About of WB Method



日本の軸組み木造建築は高温多湿の日本の気候風土に順応し、
木の調湿能力(木は柱に製材されても呼吸をし、
湿気を吸収し吐き出す能力)を巧みに生かした、
世界でも類まれな優れた建築方式です。
通気断熱WB工法」は独自の仕組み(特許第2980883号)により、
木材の呼吸から家の呼吸に進化させた家づくりです。





2つの通気層を持つ構造」、「透湿性のある壁」、「形状記憶合金を使った通気口」これらの働きで、機械や電気の力を借りる事のない、四季の気温の変化に自然に反応し、家の中をいつも快適な環境に調節する画期的な工法です。



通気断熱WB工法は
国土交通省特別大臣認定取得

平成18年8月11日 国土交通省から、通気断熱WB工法の換気性能が評価され 「
室内換気装置を使わなくてもいい工法」として「特別大臣認定」を取得しました。




ホルムアルデヒドの濃度を下げるために、部屋の空気は、
「1時間に0.5回換気する」ことが建築基準法で義務付けられていますシックハウス症候群への対策として2003年7月にこの基準が義務化されました。

気密や断熱によって冬暖かい住宅は、
何もせずにこの基準を守ることができません
そのため室内換気装置を取り付けることも、建築基準法に定められています。

しかし換気のための継続的なエネルギー消費、住宅内部に埋め込まれた機械の故障・修理が問題です。




エネルギーを使わず、しかもメンテナンスの必要がない室内換気方法はないか?
「形状記憶合金が、温度に反応してスリットを開閉する方式」、「部屋の壁全体が換気機能を持つ工法」
これが、通気断熱WB工法の基本です。




 
・屋内のホルムアルデヒド濃度が計画換気を回さなくても0.08ppm以下である。
・夏は湿気が少なくさわやか。冬は家の隅々まで暖かい。 光熱費は従来の高気密・高断熱住宅よりお得。
・結露がほとんどないため家も長持ち。
・ペットや料理の臭いも排出されるため臭いがこもらない。
・換気システム内のほこりやダニをまき散らさず清潔。
・湿気が恐くないので屋内で洗濯物を干してもさっぱり。嫌な臭いもなし。
・家中ほこりが少なく掃除の手間も軽減
・有害物質の排出は大学研究機関で検証済み




 
・木造軸組在来工法に少し手を加えた工法のため従来の高気密高断熱に比べて建築費がお得
・構造がシンプルな為どのような構造でも応用が利くため今までの家づくりを大きく変えないで済すむ。
・自然素材、耐震壁、外断熱などとの組み合わせ自由



通気断熱WB工法は、2006年8月シックハウス対策工法として全国で初めて国土交通省の大臣認定を受けました。

数々の特許取得と、実験データにより、実証させたWB工法の力。
あなたの家づくりに是非活かしてください




自然の湿気は人にも家にも必要です。大気中の湿度は1日に40%以上変動し、
人は1日に1リットル以上の水分を家の中に放出するので、家も呼吸をしなければなりません。呼吸する家は大きな調湿能力をもっており、ホルムアルデヒドもこもりません。

冬期期間、通気口を制御する自動開閉装置が閉じてしまったら、湿気や化学物質が室内にこもってしまう心配はありませんか ?

ご心配はいりません。通気断熱WB工法の家の壁は透湿素材であり、通気層内の構造材には木材が使われています。木材にはご存知のように湿気を吸収したり放出したりする調湿機能があります。例えば、WB工法の家40坪を建てるには約20トンの木材が使われます。
この木材が吸収できる水分量は約2,000リットル対シックハウス/通気断熱WB工法

さらに透湿性の石膏内壁にすれば
1,000リットルの水を吸収することができ、合計3,000リットルの湿気の吸収が可能です。

一家4人の人間が洗濯物も含めて室内に発散する水分量は一日に約6リットルと言われます。つまり、その水分を
木材と壁材で500日(木材のみなら333日)はカバーできることになります。そして、暖かくなって形状記憶合金の通気口が開き、通気層に外の空気が流れ込んでくると、冬の間木材と壁材にため込まれていた水分は、外から入ってきた空気とともに屋根上部から出ていってしまうというわけです。

また、有害な化学物質は水分に溶ける性質を持っています。通気層が閉じてしまった冬でも、室内の湿気とともに壁を通り木材に吸われて室外に出るため、室内にこもることはありません。こちらも春になり暖かくなると、自然に通気口から抜けていきます。




「WB工法の家」に使われている透湿素材の壁と木材が、冬期の室内で発生する湿気と化学物質を吸い込む。
家族4人の500日分まで大丈夫です。吸い込んだ水分は春になって、暖かくなるとともに自然に屋外へと出ます。


工事実績 Results

ご紹介するのはほんの一部ですが、大変多いので、こちらのページに掲載しています。
工事実績へ
Copyright (c) since 2012 藤井建設株式会社
秋田県横手市横手町字三ノ口29番地 Tel 0182-32-1734